「PR」当サイトではスタディサプリ進学のアフィリエイトプログラムによる資料請求システムを導入しています。

夜間専門学校で取得できる資格 一級建築士の資格とは

夜間専門学校で一級建築士の資格を取る方法を徹底解説

夜間専門学校で取得できる建築系の資格「一級建築士」をご存知でしょうか。「一級建築士」はお客様から依頼を受けて設計を行うことが主な仕事です。夜間専門学校で「一級建築士」を目指す場合は、まずは「二級建築士」の資格を取得することが第一ステップです。

一級建築士の仕事内容

一級建築士は事務所で仕事をするだけでなく、お客様である企業や個人のもとを訪れ、打ち合わせをすることがよくあります。ビルや住宅といった建築物の建築には、さまざまな人が関わります。

建築物に対する方針に関して意識のズレがあると、完成後にトラブルになってしまいます。そのためビジョンを完全に共有できるまで、何度も打ち合わせを繰り返し、お客様の希望を聞いて事務所に戻り資料の作成を行います。

いきなり詳細な設計図を作成することもありますが、概観が分かるようなイメージ図を用意することも多いです。そういった資料をお客様に見てもらい、イメージに合っているかどうかの判断をしてもらうのです。具体的な共通認識が出来上がったら、正式な設計図の作成に取り掛かります。

また設計図を作成しただけで、仕事が終わるわけではありません。建築が始まってからも、設計図に従って正しく建てられているのかを確認しに行くこともよくあります。その際、施工の作業者や現場監督に詳細な指示をすることも珍しくありません。

精密な図面を書いたり詳細な指示を行ったりするなど、高い精度が求められる仕事です。その反面、建物をデザインするためのセンスも求められます。

「一級建築士」になるには

夜間専門学校でも多くの建築系学科で昼間は働きながら夜間に「二級建築士」の資格を目指すことができます。自分が学ぼうとする夜間専門学校が認定を受けているかどうか、事前にチェックすることが大切です。「一級建築士」を目指す場合は、まずは「二級建築士」の資格を取得することが第一ステップです。

学業と仕事を両立させることは簡単なことではありません。しかし何年もかけて実務経験を積むよりは、実現の可能性が高いと感じる人も多いでしょう。特に畑違いの分野で働いている場合は、難しいと感じるのではないでしょうか。日中に仕事をしている人でも、夜間専門学校を上手く活用すれば、資格の取得は決して不可能なことではありません。

ほとんどの夜間専門学校や夜間部では、日中の講義と同様のものが受けられます。もちろん資格試験の対策についても学べるでしょう。これまで何度も建築士を輩出してきた指導者にノウハウを教えてもらえると心強いです。

夜間専門学校の建築学科は主に二年間で建築に関する知識と技術を学び、卒業と同時に「二級建築士」の受験資格を得ることができます。

「二級建築士」の資格を取得すれば建築の仕事に携わることは可能です。しかし公共の建築物の設計を行えないことが多いなど、仕事を行う上での制約が存在します。建築の世界でキャリアを伸ばしていきたいなら、やはり「一級建築士」を目指した方が良いでしょう。資格を取得できれば多くの仕事に携われるようになるので、安定した収入を得やすくなるほか、独立して建築事務所を立ち上げることも可能になってきます。

夜間専門学校で一級建築士を目指すなら、まずは資料請求を!

一級建築士の資格が気になるなら、まずは建築系の資格が取れる夜間専門学校の資料を請求しましょう。

資料をよく確認して興味があれば、ほとんどの夜間専門学校が実施している学校見学やオープンキャンパスなどに参加してみましょう。

ここで注意したいのは、必ず複数の保建築系夜間専門学校の資料を請求して、立地、学費、授業時間などの情報をしっかり比較して、自分にとって一番ベストな選択ができるようにしましょう。

建築士の資格が取れる夜間専門学校

CAD製図専門学校


青山製図専門学校



キーワードで探す

Ranking

人気記事ランキング