「PR」当サイトではスタディサプリ進路のプロモーション資料請求システムを導入しています。

夜間のイラスト専門学校とは

夜間のイラスト専門学校とは

夜間に通えるイラストの専門学校は、忙しい日中のスケジュールに縛られることなく、社会人が働きながらイラストレーションの技術や知識を学ぶための教育機関です。これらの学校は、昼間は仕事や他の責任を持つ人々にとって、学び直しやスキルアップの機会を提供しています。

また、近年ではSNSの普及により、ツイッターやインスタで自身のイラストを簡単に多くの人に見てもらうことができるようになりました。

イラストの技術を身につければココナラSKIMAタノムノなどのクラウドソーシングサイトでアイコンやVtuberの立ち絵、漫画など様々なイラスト作成依頼で収入を得ることも可能です。

卒業後はフリーランスのイラストレーターとして活動することも夢ではありません。

また、夜間に通えるイラストの専門学校は就職サポート制度が充実しているのでイラストレーターとして就職することも可能です。

この記事では夜間に通えるイラストの専門学校を徹底解説します。

夜間のイラスト専門学校のメリット

夜間のイラスト専門学校のメリット

夜間のイラスト専門学校に通う最大のメリットは、時間の柔軟性です。多くの人々が日中忙しくしている中で、夜間専門学校は学びたいという情熱を持つ人々にとって、新しい扉を開くことができます。また、通常の昼間のクラスと比べて、小規模で集中的な授業が行われることが多く、個々の学生に対する手厚い指導が期待できます。

そして何よりも、夜間のイラスト専門学校というリアルな学校に通うことでイラストを学びたいという同じ目標を持つ仲間とつながることができることも大きなメリットです。一口にイラストと言っても様々なジャンルや手法があり、ソフトやツールなどもたくさんの選択肢があります。わからないこともたくさんある中で、同じ目標をもった仲間といろいろな意見交換ができます。

このように社会人として働きながら、またはアルバイトやダブルスクールと両立することができることや、同じ目標を持つ仲間とつながることができることが夜間部の最大の特徴の一つです。このネットワークは、将来のキャリア形成において非常に価値のあるリソースとなります。

多くの人にとって、イラストは単なる趣味ではなく、将来のキャリアにつながる可能性を秘めています。夜間のイラスト専門学校では、社会人も昼間の仕事を続けながら専門的な技術や知識を身につけることが可能です。

夜間のイラスト専門学校では、経験豊富な講師による指導を提供します。これにより、学生は最新の技術や業界のトレンドについて学び、実践的なスキルを身につけてイラストレーターを目指すことができます。

夜間のイラスト専門学校を選ぶポイント

夜間のイラスト専門学校を選ぶポイント

夜間のイラスト専門学校を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントがあります。

夜間に通えるイラストの専門学校はデザイン全般を学べるコースやイラストを専門的に学べるコースなどがあります。デザイン全般を学べるコースではプロダクトデザインやロゴデザインなどデザイン全般を学ぶことができるので、就職先の幅を広めることができます。

イラストコースの場合、イラストに特化したカリキュラムになるので学ぶのはイラスト一択となり就職などもイラスト関連になります。ですので将来的に自分がどの道に進みたいのかをよく考えてイラスト専門学校を選ぶ必要があります。

また、実際に夜間部に通う場合、学費や授業時間、学校の立地やアクセスの良さをなどの条件面を考慮することが大切です。 カリキュラムの内容や教育方針、講師の質、設備の充実度なども重要な選択基準となります。特に、現役のイラストレーターや業界経験者が教鞭をとっているかどうかは、実践的な技術や知識を学ぶ上で非常に重要です。

これらの具体的な情報を得るには夜間のイラスト専門学校が実施している「学校見学」「体験入学」などに参加することが必須です。

夜間部を設置しているイラスト専門学校では、社会人のために夜間に「学校見学」や「体験入学」を実施している学校もあるので、仕事が終わってからでも参加することができます。また土日に「学校見学」「体験入学」などを開催している学校もあるので、気になるイラスト専門学校の「学校見学」「体験入学」に参加してみましょう。

「学校見学」や「体験入学」ではパンフレットではわからない学校の実態を知ることができます。またSNSで学校の口コミや評判を事前にリサーチすることも忘れてはいけません。

夜間のイラスト専門学校の学習環境とサポート

学習環境とサポート

夜間のイラスト専門学校では、学生一人ひとりが最大限に学びを深められるよう、充実した学習環境とサポート体制が整っています。例えば、最新のイラスト制作ツールやソフトウェアの使用、個別指導や少人数制のクラス、そして学生の作品に対するフィードバックやアドバイスなどが挙げられます。これにより、学生は自らのスキルを確実に磨き上げることができます。

学習環境については学校では充実な環境を利用できますが、当然自宅でも同等の環境が必要になります。ですのでイラスト制作ツールやソフトウェアなどの知識と情報と必要なコストなどは入学前に調べて準備しておく必要があるでしょう。

また、自宅でイラスト制作環境を揃えることができない場合は、空き時間などに学校の自習室が利用できるかなどを事前に確認しておきましょう。

夜間のイラスト専門学校の就職とキャリア形成

夜間のイラスト専門学校の就職とキャリア形成

夜間のイラスト専門学校を卒業した後のキャリア形成も重要な要素です。学校によっては、就職サポートやキャリア形成のためのアドバイスを提供しているところもあります。また、業界との繋がりを持つ学校であれば、インターンシップや就職先の紹介など、学生がイラストレーターとしての道を歩むためのサポートが期待できます。

冒頭でもお話しした通りSNSの普及でイラスト依頼希望者と簡単につながることができるようになったのでクラウドソーシングサイトなどでイラスト制作を受注してフリーランスとして活動することも選択肢に入ります。

例えば、夜間のイラスト専門学校に在学中からSNSで自身の作品を発信してフォロワーを増やしていけばSNSでイラスト制作の案件を受注することができますし、在学中からクラウドソーシングサイトで低価格でイラスト制作を受注して経験を得ることもできます。

また、イラストレーターには資格が必要ありません。つまり作品と実績が物を言う世界です。ですが、就職のことを考えた場合1年ないし2年間、夜間の専門学校でしっかり基礎を学び卒業したという事実は就職先企業からすれば採用したい人材となります。そういった意味でもイラストレーターとして就したい、イラスト関連の会社に就職したい場合、夜間のイラスト専門学校を卒業することは独学でイラストを勉強するよりも非常に有利となります。

夜間部の卒業生が既に就職した実績がある企業には就職しやすいというメリットもあります。

イラストに必要な道具

ペンタブ

「ペンタブ」とは、ペンタブレット(Pen Tablet)の略称で、コンピューターに接続して使用する描画デバイスの一種です。ペンタブレットは主にグラフィックデザインやイラスト制作に使用され、紙とペンを使うような感覚でデジタル上に描画することができます。

    ペンタブの主な特徴

  • 北海道芸術デザイン専門学校感圧機能: ペンタブは、ペンの圧力に反応して線の太さや濃さを変えることができます。これにより、紙とペンで描くときのような自然な描画が可能になります。
  • 創造社デザイン専門学校精密な描画: マウスと比べて、ペンタブレットと専用のペンを使うことで、より細かく精密な作業が行えます。
  • HAL東京多機能性: ペンの先端だけでなく、側面のボタンを使ってショートカット操作ができるなど、多機能性もペンタブの特徴です。
  • 専門学校日本デザイナー学院エルゴノミクス: 長時間の使用でも手や腕への負担が少ない設計がされており、作業効率の向上に寄与します。

ペンタブレットは、ワコム社の製品が特に有名ですが、他にも多くのメーカーからさまざまなモデルが発売されています。サイズや機能、価格帯も多様で、使用者のニーズに応じて選ぶことが可能です。デジタルアートやデザイン作業に携わる人々にとって、ペンタブは欠かせないツールの一つと言えるでしょう。

PC

PCはMacとWindowsのどちらで使用するのかという点に注意して用意する必要があります。MacとWindowsでは使えるソフトウェアが異なるので、自身が使いたいソフトウェアがどのOSに対応しているかを確認しましょう。

    イラストソフト

  • CLIP STUDIO PAINT
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop

アナログ環境でイラストを作成する場合は、えんぴつ、トレス台、ペン(ペン入れ用)、カラーインク、色鉛筆などで比較的低予算で揃いますが、デジタルでイラストの制作環境を揃える場合はそれなりに予算が必要となります。

夜間に通えるイラスト専門学校【夜間部】の一覧

北海道芸術デザイン専門学校

北海道芸術デザイン専門学校の夜間部は「総合デザイン造形科」が設置されており、働きながら2年間でデザイン業界を目指せます。授業は、週3回(月・水・金)18:30からなので社会人も働きながら通学できます。

創造社デザイン専門学校

創造社デザイン専門学校の夜間部は「ビジュアルデザイン学科」「産業デザイン学科」「コトづくり学科」「モノづくり学科」が設置されており、昼間は働きながら夜間に学びデザイン業界を目指します。

HAL東京

HAL東京の夜間部は授業時間は19時00分からなので社会人の方も働きながら通う事が可能です。夜間コースは卒業時に万一就職が決まっていない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』対象学科なので就職も安心です。

専門学校日本デザイナー学院

専門学校日本デザイナー学院の夜間部は月曜から金曜、18時30分から20時50分までの2時間20分で、集中して専門分野を学んでいきます。

東洋美術学校

東洋美術学校の夜間部は「グラフィックデザイン科(夜間部)」「イラストレーション科(夜間部)」「絵画科(夜間部)」が設置されており、昼間は働きながら夜間に学び、必要な専門知識と技術を身につけます。

これらの学校は、夜間に通学できるので、日中忙しい方でもイラストのスキルを学ぶことができます。また、専門学校選びの際には、通いやすさ、専門性、外部との繋がり、学費などを重視すると良いでしょう。

各学校の詳細については、公式ウェブサイトや資料請求を通じてさらに情報を得ることをおすすめします。

夜間に通えるイラスト専門学校まとめ

夜間に通えるイラストの専門学校は、多忙な日常を送る中でも、自分の夢や目標に向かって学び続けることができる素晴らしい機会を提供しています。

柔軟なスケジュール、キャリアと趣味の両立、専門的な指導、そして新たなネットワーク形成のチャンスは、多くの人にとって非常に価値のあるものです。また、新しいキャリアパスを開拓し、個人のスキルアップと自己成長を促進する機会を提供します。

このように、夜間に通えるイラストの専門学校は、あなたの人生に新たな色を加え、未来への道を拓く素晴らしいステップとなるでしょう。

夜間のイラスト専門学校を選択することは、忙しい日常の中で自己実現の道を見つけるための賢い一歩です。あなたの情熱と創造性を育む場所として、これらの学校が提供する環境と機会を最大限に活用してください。この記事を通じて、あなたがイラスト学習の道を歩むための一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。


キーワードで探す

Useful

お役立ちコンテンツ

  • 夜間専門学校で取得できる国家資格早見表
  • 夜間専門学校を絞り込み検索
  • 夜間専門学校の特徴を徹底解説
  • 夜間専門学校の就職率をデータを元に徹底解説
  • 夜間専門学校で電気主任技術者の資格を取る方法を徹底解説
  • Ranking

    人気記事ランキング