「PR」当サイトではスタディサプリ進学のアフィリエイトプログラムによる資料請求システムを導入しています。

夜間専門学校で取得できる資格 調理師の資格とは

夜間専門学校で調理師の資格を取る方法を徹底解説

夜間専門学校・夜間学校で取得できる資格の中でも特に人気があるのが調理師の資格です。

調理師の資格は厚生労働大臣指定校の夜間専門学校を修了すると国家試験は免除で取得することができます。

夜間専門学校・夜間学校の場合1年6ヶ月制の学校が多く厚生労働大臣指定校の夜間専門学校に1年6ヶ月通えば調理師の資格を取得できます。

昼間は料理店などで働き夜は夜間の調理師専門学校へ

夜間専門学校の場合アルバイトを希望する学生には料理別や時間帯など個々の労働条件にあった店舗(企業)を紹介してくれる夜間専門学校も多くあります。

昼間は料理店などで働き夜は夜間の調理師専門学校へ通う事が可能です。

アルバイト先は自分で探すよりもプロを目指す上で貴重な経験を積むことが出来るような優良店を紹介してもらえる可能性もあります。

学校説明会・学校見学・オープンキャンパスなどで夜間の調理師専門学校に確認してみましょう。

充実した設備での実習でプロの技術を身につける

夜間専門学校・夜間学校の調理師学校でも、学校によって様々なカリキュラムがあります。

調理師の国家資格を取得するのが目的ですが、調理実習に力を入れている学校も多くあるので実習で腕を磨く事が可能です。

夜間専門学校の調理師学校では、専門知識と基本技術を身につけ国家資格を取得してから就職することが可能です。

就職率が高い夜間専門学校を選ぼう

就職に関しては各調理師の夜間専門学校・夜間学校で就職率が変わってきますので、就職に強いかどうか過去の就職実績はどうかといったところをチェックしましょう。

また、一口に調理師と言っても就職先は様々な場所があります。

ホテルや旅館、レストラン、和食、洋食、中華など、調理師として自分が活躍したいフィールドはどの分野なのかで就職先も変わってきます。

過去の就職先の実績がある場合、卒業生が働いていることも多くなにかと心強いです。

就職実績をよく確認して自分が希望する就職先があるかをチェックしておきましょう。

夜間専門学校で調理師を目指すなら、まずは資料請求を!

調理師が気になるなら、まずは調理の夜間専門学校の資料を請求しましょう。

資料をよく確認して興味があれば、ほとんどの夜間専門学校が実施している学校見学やオープンキャンパスなどに参加してみましょう。

学校見学や1日体験などに参加して行くなかで、自分に適性があるかないかを見極めましょう。

ここで注意したいのは、必ず複数の調理専門学校の資料を請求して比較してみましょう。

複数の調理専門学校を比較検討した中から希望条件に近い学校の学校見学・体験入学へ参加しましょう。

社会人が夜間の専門学校に通うことは非常に大変なことですので、複数の調理専門学校を比較して、自分に合った資格・学校を探して失敗のないようにしましょう。

調理師の資格が取れる夜間専門学校


キーワードで探す

Ranking

人気記事ランキング