「PR」当サイトではスタディサプリ進路のプロモーション資料請求システムを導入しています。

夜間専門学校で取得できる資格 二級建築士の資格とは

夜間専門学校で二級建築士の資格を取る方法を徹底解説

夜間専門学校で人気の資格の二級建築士をご存知でしょうか。

勉強と仕事を両立させて資格取得を目指せる夜間専門学校で二級建築士を取得出来る学校があります。社会人の方や働きながら勉強したい人にもぴったりです。

昼間働きながら建築士の受験を目指すことは、一見非常に難しいように思われますが、夜間専門学校ではそこも加味してフォローやサポートも充実しています。

二級建築士の資格は夜間学校で建築を学ぶと、卒業と同時に受験資格を得ることができます。この場合は実務経験も必要ありませんので、必要な科目をしっかり履修するだけですぐに受験できるという利点があるわけです。

最短で受験を目指したいのであれば、専門学校で得られる学歴と必要な実務経験年数をきちんと比較したうえで、学習計画を立てましょう。

二級建築士の就職先

一級の勉強はさらにハイレベルな内容になりますが、そのための授業をしてくれる学校もあります。

また、卒業後は実務経験を積む必要がありますので、就職や転職のサポートもしてくれる学校が良いでしょう。

科目指定を受けた学校を卒業した後に行ったものが、実務経験として見なされます。

昼間建築関係のアルバイトをして、実務経験と勘違いしてしまう方が居るようですが、実務経験としては加算されないため、注意が必要です。

夜間専門学校の建築科は昼間仕事をしている学生が多いため、そのあたりは教員の方も承知していて授業のフォローアップなどしてくれる夜間専門学校が多いです。

また、夜間部の学生同士も昼間は働きながら夜間に建築士を目指す同じような状況の人が多いためか自然と絆が強くなっていく部分もあります。

夜間専門学校を卒業すれば受験資格が付与されますが国家試験に受かり建築士登録をしないと建築士にはなれません。

多くの夜間専門学校は2年間で二級建築士に必要な履修科目を取得しなければなりません。

1年次はまだ建築の専門的な知識が浅いうえに不慣れで課題提出に追われ、2年次には卒業に向けての課題に追われることがあるようです。

また、卒業すれば、二級建築士の資格を取らなくても4年間の実務経験で受験資格が付与され一級が受験出来ますが、受験資格が付与されても国家試験に受かり建築士登録をしないと建築士にはなれません。

学校選びも非常に重要ですので、まずは夜間部がある建築学科へ資料請求をして、入学までにより多くの様々な情報を集めて、より自分に合った建築学校選びが出来るよう準備しておくことが大切です。

就職率の高さや学費のサポートがあるなど学校によっても特徴があるので、自分の目的に合った学校を選ぶことも重要です。

また、オープンキャンパスを開催していたり参加特典も豊富にあったりと実際の学校の雰囲気を見る機会があったり、日中の仕事などで夜間しか時間が取れなくても夜間のイベントや個別で学校見学をさせてくれる学校もあるのでぜひ参加してみましょう。

夜間専門学校で二級建築士を目指すなら、まずは資料請求を!

二級建築士の資格が気になるなら、まずは二級建築士の資格が取れる夜間専門学校の資料を請求しましょう。

資料をよく確認して興味があれば、ほとんどの夜間専門学校が実施している学校見学やオープンキャンパスなどに参加してみましょう。

ここで注意したいのは、必ず複数の夜間専門学校の資料を請求して、立地、学費、授業時間などの情報をしっかり比較して、自分にとって一番ベストな選択ができるようにしましょう。

二級建築士の資格が取れる夜間専門学校

CAD製図専門学校


青山製図専門学校



キーワードで探す

Useful

お役立ちコンテンツ

  • 夜間専門学校で取得できる国家資格早見表
  • 夜間専門学校を絞り込み検索
  • 夜間専門学校の特徴を徹底解説
  • 夜間専門学校の就職率をデータを元に徹底解説
  • 夜間専門学校で電気主任技術者の資格を取る方法を徹底解説
  • Ranking

    人気記事ランキング