「PR」当サイトではスタディサプリ進路のプロモーション資料請求システムを導入しています。

働きながら夜間専門学校へ進学するコツ

働きながら夜間専門学校へ進学するコツを徹底解説

夜間専門学校への進学を思い立ったら、まずは自分の興味のある職業分野、通学可能な都道府県で夜間専門学校を探して各夜間専門学校へ資料を請求しましょう!

同じ分野の夜間専門学校でも、学費・就職率・国家試験合格率などが異なるので、できるだけだくさんの夜間専門学校へ資料を請求して、比較検討する事が大事ですが1校1校に個別に資料請求するのは時間と労力がもったいないです。

そこでおすすめしたいのが夜間専門学校へ無料で一括資料請求できるマイナビ進学です。

夜間専門学校へ見学会・体験入学へ行こう!

ほとんどの夜間専門学校で、見学会・体験入学・オープンキャンパスを開催しています。また、夜間専門学校ということで、休日はなかなかオープンキャンパス+体験入学に来校できない方などを対象に、夜間に体験入学を開催している学校もあります。

見学会の後には、個別相談ができる場合もありますので、現在迷っている事、不安な事は積極的に学校へ相談されてみる事をおすすめします。

資料請求、学校見学、体験入学はできるだけたくさん行こう!

夜間や土日の見学会や体験入学を利用して、できるだけたくさんの夜間専門学校の資料請求、学校見学、体験入学参加をする事で各夜間専門学校の違いを確認する事ができます。

設備環境、講師、学校の空気など夜間専門学校によって異なる部分があるので、たくさんの夜間専門学校を比較した上で、自分に本当に合った専門学校を選択しましょう。

仕事が終わってから通う予定なら、必ず仕事先から学校へ行ってみましょう。実際にどれくらいの時間がかかって、どれくらい体力を使うのか、毎日通学することが本当にできるのかを事前に確認することが大事です。

夜間専門学校の学費、サポート制度をチェックしよう!

夜間専門学校への進学を検討する上で、一番気になるのが学費ではないでしょうか。

夜間専門学校の学費は、昼間の部よりも断然安いですが、夜間専門学校によって学費に違いがあります。

分割納付などの制度が充実している夜間専門学校もたくさんあるので、サポート制度を利用することで、社会人も働きながら無理せず通うことが可能です。

金銭的な負担を軽くする為にも、使えるサポート制度はどんどん使いましょう。また、学費について心配な点は、あきらめずに、まず夜間学校へ相談してみましょう。


キーワードで探す

Useful

お役立ちコンテンツ

  • 夜間専門学校で取得できる国家資格早見表
  • 夜間専門学校を絞り込み検索
  • 夜間専門学校の特徴を徹底解説
  • 夜間専門学校の就職率をデータを元に徹底解説
  • 夜間専門学校で電気主任技術者の資格を取る方法を徹底解説
  • Ranking

    人気記事ランキング