「PR」当サイトではスタディサプリ進路のプロモーション資料請求システムを導入しています。

夜間専門学校で取得できる医療資格について

夜間専門学校で取得できる医療資格について徹底解説

夜間専門学校で取得できる医療資格について、詳しく解説します。夜間専門学校は、昼間は働きながら夜間に学ぶことができる専門学校です。医療資格は、夜間専門学校でも3年から4年で取得できる資格が多数があります。本記事では、夜間専門学校で取得できる医療資格について、詳しく解説します。

夜間専門学校は、社会人でも通いやすい時間帯で授業を行っているため、働きながらでも医療系の国家資格取得が可能です。

医療資格とは

医療資格とは、医療に関する知識や技術を身につけるための資格です。医療資格には、看護師や医療事務、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、鍼灸師、柔道整復師、歯科衛生士などがあります。これらの資格は、医療現場で必要とされる知識や技術を身につけることができます。

これらの医療資格は、夜間専門学校で取得することができます。夜間部は昼間部よりも修業年限が長いですが、昼間部と同様のカリキュラムで学べる夜間学校が多く、昼間部と同様にさまざまな医療系の国家資格を取得することができます。医療資格を取得することで、医療現場での就職や転職に有利になることが期待できます。

夜間専門学校で取得できる医療資格

診療放射線技師

診療放射線技師は、放射線を使った検査や治療を行うための資格です。X線写真を撮ったり、マンモグラフィを行ったり、超音波検査、CT検査、MRI検査、骨密度検査など、さまざまな分野で放射線は関係しています。現代の医療において診療放射線技師は、欠かすことのできない存在です。

医療資格の中でも専門性の高い資格のため、夜間専門学校で学ぶ場合は修業年限が4年と長くなりますが、国家資格を取得して診療放射線技師として就職することができれば安定したキャリアを築くことができます。

夜間専門学校では4年で「診療放射線技師」資格を目指すことができます。

臨床検査技師

臨床検査技師は、医師の指示を受けて患者さんの身体を検査することが仕事です。患者さんからの検体を受け取り、適切なラベリングや登録を行い、検体の処理を行い、適切な試薬や装置を使用して分析を行います。一般的な検査には、血液検査、尿検査、生化学検査、免疫検査、微生物検査などがあります。夜間専門学校では4年間で「臨床検査技師」資格を目指すことができます。

臨床検査技師は医療資格の中でも専門性が高い資格のため、夜間専門学校で学ぶ場合は修業年限が3年と長めですが、国家資格を取得して臨床検査技師として就職することができれば医療従事者として社会に貢献しながら安定したキャリアを築くことができます。

夜間専門学校では3年で「臨床検査技師」資格を目指すことができます。

理学療法士

理学療法士は、ケガや病気などで身体の障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、座る・立つ・歩くなどの基本動作能力の回復や維持を促したり、障害・症状の悪化を防止・予防するために運動療法や物理療法を用いて自立した日常生活が送れるように支援する役割を果たすのが仕事です。

医療資格の中でも人気の理学療法士の国家資格は夜間専門学校では3年〜4年で目指すことができます。

作業療法士

作業療法士は退院後の住環境に慣れるための訓練、発達障害や高次機能障害等の障害を持つ人のリハビリテーション、家事、外出等のIADL訓練、移動、食事、排出等の日常生活等に関する訓練などを行います。

夜間専門学校では3年〜4年で「作業療法士」資格を目指すことができます。

臨床工学技士

夜間専門学校で取得できる資格「臨床工学技士」は医療の現場で使用する機器を操作したり点検したりすることが主な仕事です。

臨床工学技士は、医療機器の専門家であり、医療現場で患者さんの命を支える重要な役割を担っています。

医療の現場には非常に多くの医療機器が存在し、簡単な病気以外では、ほとんどの治療において医療機器を使用しています。それらが正常に動かなければ医療活動にさまざまな支障が生じてしまいます。患者の生命を維持する機能が弱くなったり、場合によっては患者の体に害を与えてしまうケースもあります。

夜間専門学校では3年で「臨床工学技士」資格を目指すことができます。

歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科医師のサポートをする仕事です。歯石や歯垢のクリーニング、ブラッシング指導、口腔ケアなど、患者さんの口の中で療器具を扱うため、手先の器用さが求められます。また、患者さんに対して正しい歯磨き方法や生活習慣の改善指導をすることができ、医師がおこなう抜歯の補助に立ち合うことも数多くあります。そのため、資格や経験がなくてもなれる歯科助手とは違い、歯科衛生士は国家資格を取得することが義務付けられています。

夜間専門学校では3年で「作業療法士」資格を目指すことができます。

救急救命士

夜間専門学校で取得できる資格のは救急救命士は大けがや病気などで、一秒でも早く応急処置が必要な時に、医師の指示を聞いて応急処置を行う際に必要となるものです。

夜間専門学校では3年で「救急救命士」資格を目指すことができます。

視能訓練士

「視能訓練士」は国家資格の一つで、「見ること」に関する医療専門職で、病院や眼科診療所・リハビリセンター・保健所などの医療機関や、医療機器や医療業務に関連する企業、大学などの教育機関・研究機関で活躍しています。

夜間専門学校では3年で「視能訓練士」資格を目指すことができます。

はり師・きゅう師(鍼灸師)

はり師・きゅう師(鍼灸師)になるには、まず大学の入学資格、つまり高校卒業の認定が必要です。

その認定のある状態で、厚生労働大臣が認定する施設やはり師・きゅう師(鍼灸師)の養成校で3年以上学ばなければなりません。

夜間専門学校でも多くの学校が夜間部を設置しており、おおむね3年間ではり師・きゅう師(鍼灸師)の資格を目指します。

夜間専門学校などの施設で必修科目の単位を取得しながら、国家試験に備えることになります。

はり師・きゅう師(鍼灸師)の両方に合格するのは大変だと感じる人もいるのではないでしょうか。

夜間専門学校では3年ではり師・きゅう師(鍼灸師)資格を目指すことができます。

看護師

看護師は、医療現場で患者さんの健康管理や看護を行う専門職です。夜間専門学校では、准看護師の資格をもった方が看護師の資格取得を目指すことができる進学コースが設置されています。昼間は准看護師として就業しながら夜間の専門学校に通学が可能です。

まとめ

夜間専門学校で取得できる医療資格について、解説しました。医療資格を取得することで、医療現場での就職や転職に有利になることが期待できます。ぜひ、夜間専門学校で医療資格の取得を目指してみてください。

救急救命士の資格が取れる夜間専門学校


キーワードで探す

Useful

お役立ちコンテンツ

  • 夜間専門学校で取得できる国家資格早見表
  • 夜間専門学校を絞り込み検索
  • 夜間専門学校の特徴を徹底解説
  • 夜間専門学校の就職率をデータを元に徹底解説
  • 夜間専門学校で電気主任技術者の資格を取る方法を徹底解説
  • Ranking

    人気記事ランキング